中野-美容室・美容院-メンズ専門ヘアサロン「髪工房あおの中野本店」

中野にある美容室「髪工房あおの」の個性溢れるブログはこちら

中野でメンズ専門美容室を営む「髪工房あおの」のスタッフが更新する個性豊かで楽しい毎日を綴ったブログです。「髪工房あおの」で起こった出来事やメンズ最旬ヘアスタイルのご紹介など、盛りだくさんの内容となっておりますので、気になった方は是非一度中野の美容室「髪工房あおの」までお越しくださいませ。

2018/08/08

海外セレブファッションの定番!「ラグスト」とは!?

どうも、太田です。

 

皆さん!「ラグジュアリーストリート」とは、ご存知でしょうか?

 

略して「ラグスト」ま〜略す意味があるのかは置いといてw w

 

「ラグジュアリー」と「ストリート」。一見して相反する2つの言葉をあわせたファッションは、世界的に流行してますよねぇ〜

 

カニエ・ウエスト、エイサップ・ロッキー、ジャスティン・ビーバーetc

 

海外アーティスト、セレブリティが「ラグスト」大流行のキーマンとされています。

 

まっググって貰えればもっと詳しく出てくるので、ご興味ある方は調べてみて下さいw

 

と、言う事で、今回は「ラグスト」ブランドの中でも

 

代表格のoff-white✖️barber style

 

的なスタイルを作ってみました(´∀`)

 

まずは、off-whiteを知らない方の為に説明をさせて頂きます!

 

 

↓コピペですw

 

 

OFF-WHITE(オフ・ホワイト)は、アメリカにおいてヴァージル・アブロー氏がプロデュースを開始したハイエンドなストリートファッションブランドである。オフホワイトが展開しているアイテムには、バックプリントやフロントプリントなど随所に斜めの大胆なラインや「WHITE」という文字がデザインされている点が特徴で、オシャレに敏感な有名人の間で人気が高まった。日本においても人気アーティストやダンサーなど、男性女性を問わず多くの芸能人が着用したことから有名なファッションブランドとなり、今や「ラグジュアリーストリート」として世界中にファンを獲得しつつある。ファッション業界においては、オフホワイトのように短い期間で地位を築き上げたブランドが少なく、話題性だけでなく実力面からも高い評価がなされているブランドだ。直営店の数も徐々に増えており、日本でもブランドコンセプトを活かしたハイセンスな店舗が展開されている。

特徴

OFF-WHITE(オフ・ホワイト)の大きな特徴は、ラグジュアリーテイストのストリートウェアという点である。従来のストリートファッションには備わっていなかった、上質素材と人目をひくデザインが魅力だ。 コンセプトとして「ラグジュアリーなストリートウェア」を掲げ、バリエーション豊かなコレクションを展開していることに加え、品質の高いストリートアイテムを提供し続けている。力強さが特徴のグラフィックデザインは、20世紀のモダニズム建築家であるミース・ファン・デル・ローエが生み出す作品からインスピレーションを得ている。人気に火が付いて以来、現在では世界各国で限定店舗のみで販売されており、入手困難となることが多い稀少なコレクションブランドとして知られる。外国のストリートセレブはもちろん、日本でも若者に人気が高い芸能人が愛用していることもあって、OFF-WHITE(オフ・ホワイト)の知名度が上がっている。メンズラインのアイテムが多いブランドだったが、次第に女性からもリクエストが増えるようになり、レディースラインのアイテムも用意されるようになった。

歴史

OFF-WHITE(オフ・ホワイト)は、人気ヒップホップアーティスト「カニエ・ウェスト」のクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローによって、2014年の春夏シーズンからスタートした。2013年の12月頃、既にストリートファッション業界ではオフホワイトの存在が取り上げられていたが、翌年になるとオフホワイトのアイテムを求めて数多くのファンが店舗に押し寄せた。誕生してからまだ日が浅く、若いブランドであるにも関わらず、インパクトが強く機能性も充実しているオフホワイトのアイテムは次々に完売していくため、購入したくてもなかなか難しいファンも少なくなかった。海外のセレブリティや芸能人の間で注目されたため、このブランドの人気は世界各国に広がっている。

デザイナー

OFF-WHITE(オフ・ホワイト)のデザイナーはヴァージル・アブロー氏。「カニエ・ウェスト」が高い信頼を寄せているクリエイティブディレクターだったが、自身のブランドを2014年に立ち上げるや否や世界中で注目され、現在も品薄の状況が続いているほどだ。ヴァージル・アブロー氏は、今ではラグジュアリー・ストリートウェアのキーマン的な存在となっているが、カニエ・ウェストのスタイルアドバイザーを担っていただけでなく、DJやギャラリーオーナーなど、マルチな才能があるデザイナーと言える。彼が手がけるオフホワイトのアイテムは、トップスでは「WHITE」という文字をバックプリントに入れ、ボトムスではフロントに施されている。全体としてはストリート系を意識しながら、非常にラグジュアリーなアイテムが多いのが特徴で、今やストリートファッション業界に限らず色々なファッション業界から注目を集めている。

 

 

なんとなく、分かって頂けましたでしょうか?

 

スタイルは近日公開!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2018/08/08

海外では当たり前!?バーバースタイル5選

海外では当たり前!?バーバースタイル5選

 

どうも、毎度の太田です。

 

今回はあまり日本の床屋さんでは馴染みがないかもしれない、アメリカンバーバースタイル5選をご紹介致します!

 

 

 

ハードパート

 

パートをトリマーやレザーで細めにラインづけし、分け目を強調したハードパート。周りを0.8mmからのフェードにしつつ、左サイドは分髪線にラインをいれてハードパートに。  右サイドは角を削り過ぎないようにしつつ上げたバング端を合わせることでよりカッチリした印象になっています。 グリース類で一度すべて右に流した後にバングを90度に上げてから右サイドの流れと合わせるようにセット 一度全体に整髪料をまんべんなくつけた後に粗めのコームでセットするのがオススメです。
クラシカルでカッチリした印象もありつつフェード+分け目にラインがあることでちょっとしたワルさもあるスタイル セットもしやすくなっている。

————————————————————————————————————————————————

 

スリックバック

 

オールバックに髪を流し、ガチッと固めてボリュームを抑えたスリックバックは、クラシカルかつ硬派雰囲気が魅力。低いフェードからのつながりとタイトに抑え込んだシルエット。その中で、綺麗にシェイプされた毛流れが特徴だ。フェードから上のすべてのセクションをレイヤーでつなげ、入念なチェックカットと丁寧な量感調節が美しいフォルムの決めてとなる。フロントの膨らみや斜めに向かう毛流れなど、わずかな違いで遊び心を効かせたい。

 

————————————————————————————————————————————————

ポンパドール

 

フロントに高さと丸みを出したポンパドールヘア。リーゼントヘアと組み合わせて作られることが多いこのスタイルは、ロックンローラーやロカビリアンなどの音楽ファンの間で根強い人気を誇るスタイルだ。コテコテのポンパドールは一般の方には受け入れにくいため、今回は周りは自然に刈り上げ、フロントだけリバースに乾かし、ボリュームを出し、自然なポンパドールを提案。

 

————————————————————————————————————————————————

クロップ

 

ぺたっとタイトに寝かせたフロントが特徴的なクロップは、ミニマルでどことなくアーバンな雰囲気を感じさせるコンパクトスタイル。今回は周りはスキンフェード+ラインを入れ、外国人風をイメージ、フロントは重めに残し、トップにレイヤーを入れ動きを出す。あえて、トップとフロントを繋げず、トップの軽さとフロントの重さを際立たせる。日本人に多い、直毛、剛毛の方だとフロントが立ち上がり、スネ夫状態になりがちなので、髪質がかなり重要になってくるスタイル。軟毛、くせ毛、猫っ毛の方にはもってこいのスタイルだ。

 

————————————————————————————————————————————————

フェードハードパーマ

 

周りは、0mm〜6mmでスキンフェードにします。 0mmの部分を引く設定する事によって、綺麗なグラデーションになります。 スキンの部分を高めに設定してしまうと、フェードはフェードなんですが、日本人の髪の量的にどうしてもツーブロに見えちゃいがちなので、僕個人的にはあまり好きでは御座いません。もちろん、お客様のご要望やスタイルによっては高めにスキンを入れる時も御座います。 0mmを引く設定するとスタイル写真を撮った時のフェードの具合も良く見えるんですよねっ。長さが残ってる部分はつけ巻きで6mm〜3mmのロッドでフォワード(前に巻く)に根元付近からのスパイラル巻き、たて巻き、をMIXさせ、繋ぎ目はピンパーマで馴染ませました。 セットは緩めのグリースかワックスムースなどがオススメです! ある程度長さがあるパーマスタイルだと、スーパーハード系のスタイリング剤だと、絡まっちゃったりしてスタイリングし難いのでご注意を! どうしても、パーマがかかってて、前に前髪を降ろすスタイルだとリーゼントっぽくなりがちなんですが、外国人風のスタイルが好きな方にはかなりオススメ!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

髪工房あおの
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop