中野-美容室・美容院-メンズ専門ヘアサロン「髪工房あおの中野本店」

中野にある美容室「髪工房あおの」の個性溢れるブログはこちら

中野でメンズ専門美容室を営む「髪工房あおの」のスタッフが更新する個性豊かで楽しい毎日を綴ったブログです。「髪工房あおの」で起こった出来事やメンズ最旬ヘアスタイルのご紹介など、盛りだくさんの内容となっておりますので、気になった方は是非一度中野の美容室「髪工房あおの」までお越しくださいませ。

2016/10/27

正しいタオルドライとドライヤーの使い方

こんにちは!藤田です!!

今回は前回書いた記事の続きで

「正しいタオルドライとドライヤーの使い方」

についてお書きしていこうと思います。

 

「髪を傷つけないタオルドライの方法」// //

 

「タオルドライの基本的な流れ」

「タオルドライの際の注意点」

 

次に「正しいドライヤーの使い方」です。

・髪の毛をかきわけて頭皮を出してやり、その頭皮に直接風をあてるようにして、ドライヤーをかけていきます。頭皮からドライヤーまでの距離は、20センチはキープするようにしましょう。同じところにばかりあてないよう、ドライヤーを揺らしながら風をあてていけば、頭皮が乾燥しすぎるようなこともなくなります。

・髪の毛のキューティクルは、根元から毛先に向かってうろこのようになっていますので、それに沿うように、ドライヤーも根元から毛先に向かってあてていきます。ドライヤーと髪の距離は、変わらず20センチキープです。

・おおかた乾いてきたと感じたら、最後に、全体を冷風で冷やしてキューティクルを引き締めましょう。

これらが終わったら、最後にブラシや櫛で髪の毛を整えます。ドライヤーで乾かしている途中にブラッシングをすると、髪の毛を傷める原因となりますので、ブラッシングは髪の毛が乾いたあとにおこなうことがポイントです。

 

いかがでしょうか?

男性の方はブラッシングまではしなくてもいいと思うのですが、短髪の方でもドライヤーは大事ですので是非、やってみてください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの

藤田 昌彦
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/10/19

毛 熱 関係

 

こんにちは!今日は、皆さんも使ったことがあるドライヤーやアイロン…

いわゆる熱と毛の関係について話していこうかなと思います。

 

毛+熱=傷む

 

毛と熱の関係と行くと思い浮かべるのが毛が傷む事だと思うんですが、

実際ほぼ毎日使うドライヤーで髪の毛は傷むのかというと、

 

髪を洗った後にドライヤーで乾燥する時は、通常60℃くらいの熱です。

この程度の熱では髪の損傷はほとんどみられません。

いかし、ドライヤーの吹き出し口から出てくる熱風は100℃を超えます。

なので、ドライヤーを近づけすぎたり、一ヵ所にずっとあて続けると90℃くらいまで温度が上がることがあります。

また、セット用のヘアアイロンでは、毛の表面の温度が140℃ほどになることもあります。

なので、普段のドライヤーなどで傷まないという事はないのです。

 

なぜ、傷んでしまうのかもっと詳しいお話をすると、熱によるケラチンの変質=熱変性が起こります。

まず、ケラチンとは髪の毛の主成分となるタンパク質です。ちなみに爪やウールなどもケラチンです。

 

髪の毛に100℃以上の熱を何度もかけ続けると髪の毛のタンパク質が硬くもろく変質していきます。

このような、熱変性した髪は柔らかみがなくなり保湿力も低下します。引っ張た時にあまり伸びずに

プツッと切れるような毛になります。

 

また、毛髪あ270~300℃で焦げて炭化します。ストーブの前で寝てしまったときには、炭化寸前の毛になり

指で毛をもむとボロボロと崩れるように毛が粉々にになります。

 

このように毎日のドライヤーやアイロンをやりすぎてしまうとタンパク質が熱変性して傷みにつながっていきます。

また、タンパク質変性してしまった髪は、パーマがかかりづらくなってしまったり、カラーが入りずらくなってしまうので

ドライヤーを近づけすぎないこととアイロンの温度を低めに設定するのがいいですね!

 

ちなみに乾かさないのはオススメできません。

頭皮に細菌が繁殖してしまって匂いやカユミの原因になるかもしれないので

しっかり乾かしてから寝ましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの

兼平 奈珠世
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/10/13

ドライヤーを使わず自然乾燥

皆様、こんにちは!藤田です!

今回は髪を洗った後にドライヤーを使わず自然乾燥で乾かすと何がいけないのかについてご説明していこうと思います。

 

ドライヤーと自然乾燥、割合は自然乾燥派が50%以上となっているそうです。

やはり自然乾燥だと手間もかからず楽なのでドライヤーを忘れがちですよね。

実は僕もこの業界に入る前はドライヤーはめんどくさいのでやっていなかったのですが勉強していくにつれやっぱりよくないんだなと知りドライヤーを使うようにしました。

 

 

「頭に雑菌が繁殖しやすい」

水分を多く含んだ髪や頭皮は雑菌が繁殖するのに絶好の環境になっています。

そのため、頭皮の健康を損なう恐れがあり、かゆみや吹き出物の原因になります。

 

症状が進行すれば、薄毛の原因にもなりかねません。

 

 

「髪が傷みやすい」

髪の毛は、濡れているときは表面のキューティクルが開いていて、内部の角質繊維は結合が外れた状態となっており、髪が乾くにつれて再結合する仕組みになっています。

そのため、濡れたままの髪は、非常に傷みやすい状態にあるわけです。

その間に、指でとかしたり、ブラッシングなど物理的な力が加わると、乾いているときよりも軽い力で髪の毛が伸びてしまいます。

また、完全に乾かないうちに寝てしまうと、枕との摩擦によってキューティクルが傷ついたり、剥がれたりしてしまいます。

その結果、朝、起きると髪がバサバサになっているということがあるはずです。

 

 

「頭皮の血行が悪くなる」

頭皮には無数の毛細血管が張りめぐらされており、その血管を通ってきた血液によって栄養素と酸素が供給されます。運ばれてくる栄養素と酸素は、髪の成長にとって不可欠な存在。

しかし、頭皮が冷えると毛細血管は収縮します。濡れた手を風にさらすと冷たく感じるのと同じように、頭皮も濡れたままにしておくと余計に冷えてしまうもの。

すると血液の通り道が狭くなり、頭皮に充分な栄養素と酵素が運ばれなくなります

これが、抜け毛をはじめ、さまざまな頭皮トラブルの原因となるのです。

 

と、こういったデメリットなどがあります。

ドライヤーで乾かすと熱でダメージを受けてしまうからしない、という方もいらっしゃると思いますが

自然乾燥でキューティクルが開いた状態で髪と頭皮両方にダメージを受けてしまうよりドライヤーを使用したほうが断然いいです。

タオルドライの仕方やドライヤーで乾かす限度を知ればダメージもほとんどないのでこちらをオススメします。

 

次回はタオルドライやドライヤーの仕方を書きたいと思います!

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの

 

藤田 昌彦


http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/10/12

ヘアカラー 落ちる なぜ?

こんにちは!

 

 

美容院に行って

良い色に染めてもらってもだいたい一か月くらい経つと色が落ちてきてしまいますよね。

色が薄くなったり、色調が変わったりすることを「褪色(たいしょく)」といいます。

 

せっかくきれいに染めてもらったのに褪色してしまうのは嫌ですよね、、、

なぜ褪色してしまうか理由をわかっていれば褪色を少しは防げるかもしれません!!!

 

なぜ褪色してしまうのか、、、

大きく分けると、酸化重合した色素の”分解”と、毛髪中からの”流出”の2つに分けられます。

色素の中で、青色~緑色の寒色系の色系は、一般的に分子が大きく毛髪から流出しにくい特徴があります。

しかし、分子内の発色結合が熱や紫外線などのエネルギーを吸収して切断されたり酸化されたりいて構造変化をおこし

褪色する傾向があります。

黄色~赤色の暖色系の色系は、一般的に分子が小さいため、毛髪内部での保持力が弱く、

シャンプーなどにより流出して、褪色する傾向があります。

特にダメージ毛では、保持力の中心になるコルテックス中の間充物質が失われ、多孔毛化しているため

色素が流出しやすくなる傾向があります。

 

これらの傾向から自分でできる対策としては、

 

シャンプーは洗浄力の弱いものをつかう

アイロンなどは極力低い温度で使う

髪の毛を濡れたまま放置しない

紫外線に当たり過ぎない  などなど…

 

市販されている安いシャンプーなどは、洗浄力が強いので早く色落ちしてしまいます。なので一番いいのは

カラー用のシャンプーを使う事ですね!

アイロンの高い温度でやってしまうと髪の毛の中のタンパク質が変性してしまって色が入りずらかったり

その部分だけ極端に傷んでしまったりするのでおすすめしません!しかも、熱によって寒色系は

色素が分解されて褪色につながります。

 

 

など、少しづつ気を付けてきれいな色を保ちましょう!!!!!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの

兼平 奈珠世
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/10/06

はじめましての御挨拶とシャンプーについて

初めてご覧になる方もいつも見て下さる方もはじめまして!

当店アシスタントの松本と申します。7月より入店しておりましたが、ブログを更新するのは初めてとなります。

これからちょこちょこと更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

このブログでは豆知識や役立つ情報を皆さんにお知らせしていくという目的となっております。

私自身、入店したばかりで毎日勉強の日々でございまして、どうせならそれらを皆さんと共有し、皆さんに知っていただければと思います。

 

さて、、

理容室や美容室に勤めが決まったアシスタントの最初の仕事と言えばなんだと思いますか??

 

そう、シャンプーなのです。昔ながらの言い方をすれば小僧の仕事、シャンプーボーイ、なんて言われたりもしました。

なぜ、最初にシャンプーなのかといいますと、シャンプーをしていろんな人の頭に触れることで、頭の形や、髪の太さや量など個人差があることがよーーく分かるんですね!

 

というわけで入店して最初にシャンプーを教わり行うわけなのですが、たかがシャンプーされどシャンプー奥が深かった・・

 

 

皆さんはシャンプーする時どんなことを考えるでしょうか。自分はあまり何も考えずにシャンプーをしていました。

まぁ、考えたところでしっかり泡だったかなーとかきれいになったかなーくらいです。

 

しかーし、髪のこと、頭皮の事を考えるとしっかりした方法があるんです!

今回は気を付けたいシャンプーの仕方を書いていきます。

 

では早速、

 

1.シャンプー剤を使う前によくすすぐ

髪が濡らしてすぐにシャンプーをしていませんか?実は頭皮や髪の汚れの8~9割はお湯だけで落ちるのです。

なので、シャンプー前にしっかりとすすぐことで余計な汚れを十分に落としてシャンプー剤の力を100パーセント利用できるようにしましょう。

 

2.シャンプー剤はよく泡立てる(すこし長い髪の方は特に)

ワックスなどつけていると1度のシャンプーで泡だないことがありますね?

これはワックスなどの油とシャンプーの洗浄成分が結合して汚れを流し落としやすくなっています。

なのでこの状態で流せばほぼ汚れは落ちているのでしっかり泡だったら充分洗浄されているということになります。

さらに言えば泡には摩擦を軽減する効果があるので長い髪の方などはしっかり泡立ててから洗ったほうが髪へのダメージが少ないので痛みなど気にしてる方はよく泡立ててから洗うといいと思います。

 

3.ガシガシ洗わない

男性の方では特に多いのですが、髪を洗うときにガシガシと強い力で洗う方がいらっしゃいます。

しかし、頭皮は非常に繊細なので、強い力で洗うとすぐに微小な傷やかぶれなどが起きてしまいます。

爪を立てて洗うことなどはもってのほかです。理想は頭皮をかるーーーく揉むように洗うのがベストですが、実際やると結構ストレスが、、

なので弱い力で大きく動かすことで気持ちよく洗えつつ頭皮へのダメージを軽減できるので試してみて下さい!

頭皮のケアをしてあげる場合は軽い力で小さいブロックの頭皮を動かすように洗ってあげるのがベストです。

 

4.よくすすぐこと

シャンプー剤は基本的に洗浄力が高く、それだけでなく泡立ちが良くなるようにしたり、水馴染みがよくなるような成分が入っています。

これらは頭皮に残留することで毛穴のつまりなどの原因になることがありますのでシャンプーをした後は洗っている時間以上によく流しましょう。

ちなみにこれはシャンプーだけの話ではなく、すべての洗剤系に言えることなので頭の隅に置いておいておくといいと思います。

 

5.しっかり乾かしましょう

こちらも男性の方で多いのですが、洗ったあとそのままという方いらっしゃいます。

たしかに短髪の方は放置してもある程度乾くと思うのですが、パッと見乾いているように見えても頭皮付近は乾いていないことがあります。

そして、その状態で寝る、帽子をかぶるなどすると頭皮に雑菌が沸き、フケ・カユミの原因になるだけでなく、薄毛などの原因になってしまいます。

なので頭皮周りだけでもいいのでしっかりの乾かすことを推奨します!

 

番外編:朝シャンはやめましょう

寝癖直しの為に朝シャンする方が多いと思うのですが、朝にシャンプーをすることで一日に必要な油分まで落としてしまい結果的に頭皮の乾燥や荒れにつながってしまいます。

どうしても朝に髪を流したい方はお湯で流すだけを推奨します。

 

クセ直しだけなのであれば髪に水を軽くつけてドライヤーで直してしまう方が効果的なこともあるので次回そんな方法も書いていきたいと思います。

 

 

 

どうでしょうか。奥が深いですよね!自分でも書いていて長文になってしまい驚いています(笑)

 

もしもっと詳しく知りたい方は是非お気軽に当店スタッフまで聞いてくださいね!

 

 

今回はこのあたりで筆を置かさせて頂きます。

次回も自分が学んで驚いたことや、意外に知らない基本的なことなど書いていきます!!

 

 

 

最後に、当店オリジナルシャンプーが近日発売されることとなりました!男性向けに特化した頭皮にもよく育毛成分もたっぷりで、大きな企業では出来ない最高のシャンプーを作ることができましたので、発売されました際には是非一度お試しください!

 

 

以上、新人アシスタントの松本がお送りいたしました。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop