中野-美容室・美容院-メンズ専門ヘアサロン「髪工房あおの中野本店」

中野にある美容室「髪工房あおの」の個性溢れるブログはこちら

中野でメンズ専門美容室を営む「髪工房あおの」のスタッフが更新する個性豊かで楽しい毎日を綴ったブログです。「髪工房あおの」で起こった出来事やメンズ最旬ヘアスタイルのご紹介など、盛りだくさんの内容となっておりますので、気になった方は是非一度中野の美容室「髪工房あおの」までお越しくださいませ。

2016/09/28

ワックス(スタイリング剤)の種類や違い

スタイリング剤といえばワックスが代表的ですが、

スタイリング剤と一口で言っても、形状(フォーム、スプレー、ゲル、クリーム、ワックスなど)は様々ですし、最近ではセット力を持たないトリートメント剤も、スタイリング剤の一種に分類されています。

スタイリング剤は、樹脂を毛髪に付着させ、その固着力でセット力を出すものと、油分による粘着や接着でセット力を出すものに分けられます。

まず、樹脂を使っている代表は、ヘアスプレーです。樹脂は乾燥すると被膜を作ってそれが髪の表面を覆いセットします。

油分の代表はヘアワックスで、ひまし油など粘着性を持ったものや、カルナウバなど固形のものが使われています。昔は、ポマードように水を含まないものが主で、付けすぎるとべたつきが出る感じでした。しかし、最近では水を含んだものが主で、水が蒸発すると毛髪表面に油分の薄い皮膜が形成され、子の油分の粘着性や接着力で毛髪同士を束上にまとめることでスタイリングします。

 

樹脂とは異なり油分は乾燥しないため、硬くセットすることは出来ませんが、一度ヘアスタイルが崩れても

再度整髪できる特徴があります。

 

スタイリング剤を選ぶ際には、ヘアスタイルに合ったものを選ぶのも大事なのですが、持続性や耐湿度性、再整髪性なども考えて選ぶといいですね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの

 

兼平 奈珠世


http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/09/09

毛髪と熱。。。

 

 

こんにちは!岩瀬です!

 

今回は、熱と毛髪について

お伝えしたいと思います(´-`).。oO

 

 

毛髪をシャンプーなどで濡らした後、ドライヤーで乾燥する時は、

通常60℃くらいの熱です。この程度の熱では毛髪の損傷はほとんど見られません。

しかし、ハンドラの吹き出し口から出てくる熱風は100℃を超えますので、

ドライヤーを近づけすぎたり、一ヵ所にずっと当て続けていると90℃くらいまで

温度が上がることがあります。また、セット用のアイロンでは毛表面の温度が

140℃程になることもありますので、熱によるケラチンの変性=熱変性が心配です。

 

毛髪に100℃以上の熱を何度もかけ続けると毛髪の蛋白質が硬く脆く変質していきます。

このような、熱変性した毛髪は柔らかみがなくなり保湿力も低下します。引っ張った時、

あまり伸びずにぷつっと切れるような毛になります。(伸度の低下)

また、毛髪は270~300℃で焦げて炭化します。ストーブの前で寝てしまったりしたときには、

炭化寸前の毛になり、指で毛を揉むとボロボロと崩れるように毛が粉々になります。

 

150℃以上の高温アイロンを使用して行なうアイロンパーマや縮毛矯正は、薬剤との相乗作用

もあって、毛髪にはかなりの負担になります。特に2度3度と繰り返す場合キューティクルは

ほとんど溶けてなくなり、毛表皮も膨化といって、ちょうど火ぶくれになったように見えます。

 

丈夫な髪に一回だけ行なうのと、同じ髪に何度も高温アイロンによるアイロンパーマ処理を

行なうのでは、加速度的による損傷がすすみます。繰り返し行なうケースでは、使用アイロンの

温度はもちろん低めに設定すること、使用薬剤弱いものに変えていく必要があります。

 

特に、アルカリ性の状態の毛髪に、100℃以上の熱を加えると、加水分解といって毛髪ケラチンの

シスチン結合が切断されます。この場合は、通常のパーマと違って2剤でもとのシスチン結合には

戻らないので、ケラチンが構造的に変化していきます。結果としてパーマにとって大切な

シスチン結合は減少していくわけですので、パーマをとったり、またかけたりといった仕事が

しにくくなります。

 

 

また、リンスや、トリートメントクリーム処理した毛髪をハンドラで

乾かしているとき煙が出てくることがありますが、たいていは

髪が焦げているのではなく、髪に付着した油が焦げているのです。

 

 

ドライヤーやストレートアイロンを使うときや

パーマや縮毛矯正をしてもらう際は注意してやった方がいいですね(^^♪

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおのお
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop

2016/09/02

カラー剤かぶれはアレルギー。。。

 

こんにちは!岩瀬です!(´-`).。oO

 

 

皆さんは、市販のカラー剤をお使いですか??

実は、カラー剤でかぶれる人はアレルギーな場合もあるんです!!!

今からそのことについて話したいと思います。

 

 

カラー剤でかぶれる人がいます。かぶれる原因は、カラー剤1剤に

配合されているジアミン系酸化染料が多く、ひどい人は顔全体が

ぱんぱんに腫れ上がったありします。

カラー剤やブリーチ中に、地肌がしみたり、痛くなって、炎症やいー

かゆみを引き起こす場合は、薬剤中のアルカリや過酸化水素の刺激による

単なる接触性皮膚炎のケースが多いようです。

 

しかし、アレルギー性の場合その原因物質はカラー剤の染料であるケースが

多いので、たとえ過酸化水素が薄くても、アルカリ分のないからー剤でも

かぶれてしまいます。アレルギーというのは抗原抗体反応といって、自分に

合わない異物に対して体が拒絶反応を起こしている状態です。アレルギーを

引き起こす原因物質を「抗原」といい、その抗原に対抗するために体内で

「抗体」が作られます。抗体ができた時「感作」されたといいます。

スギ花粉症の人はスギ花粉が抗原という事ですし、カラー剤でかぶれてしまう人は

ジアミンが抗原という事です。

 

接触性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎では、前者が比較的短時間のうちに原因物質が

付着した部分だけに症状が現れるのに対し、後者では使用後最大48時間以内に発症し、

付着した部分以外にも症状が出ること(たとえば顔全体が腫れたりする)が多いようです。

 

 

化粧品や医薬部外品に使用されている成分すべてが、すべての人に安全というわけでは

ありません。そうゆう意味ではなにもカラー剤の染料だけが、アレルギー性皮膚炎を

引き起こすものではありませんが、カラー剤に関してはパッチテストをして、

アレルギー反応有無をチェックするように義務付けられています。一般の化粧品や

パーマ液では、「お肌に合わない場合は直ちに使用を中止」するように注意書きが

あるだけなのに、カラー剤は使用前にパッチテストが必要なのです。それだけ、

ジアミン系酸化染料は、万が一かぶれを引き起こした場合、症状がひどいとも言えます。

理屈では、肌につかない限りアレルギー症状は出ないはずですが、カラー剤はどうしても

地肌についてしまう事が多いので、カラー剤でかぶれてしまう人には施術するべきでは

ありません。

 

前回の施術ではかぶれなかったのに、今回はかぶれてしまったりする事もあります。

かぶれなかったのは抗原に対してまだ感作されていなかっただけで、抗体が

できてしまうと必ずアレルギー反応が出るようになってしまいます。

 

現代日本人は、何らかのアレルギーを持つ人が増えています。

ですからアレルギーについて色々と配慮しながら市販のカラー剤なども

選んでいけるといいと思います(´-`).。oO

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
髪工房あおの
http://kamikoubou-aono.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都中野区中野2丁目28−1 プロスペア1F
TEL:03-3380-6600
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

totop